FC2ブログ

紅蓮な遊戯部屋

遊戯王を中心にゲームやアニメ、日常を綴っていくお部屋です。 リンクやコメント、お気軽にどうぞ。 訪れた足跡を残してくれると、こっそり喜びます。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
名前の割りに紅くないとの指摘を受けて、テンプレを変更。
以前のもシンプルで好きでした。


いよいよ明日から新制限の元でのデュエルとなる。
内容については他のサイトを見てもらうとして、気になるカードについて少し。

《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》 →禁止
このカードを求めて、EE2のパックを多く買った人も多いのでは。
場に簡単に登場し、圧倒的な力で相手を圧倒。
多く語る必要も無いですね。強すぎました。
ソーサラーの出番は来るのでしょうか。

《突然変異》、《月読命》、《サウザンド・アイズ・サクリファイス》 →制限
開闢と肩を並べる人気だったのが、変異からの融合モンスターの特殊召還。
正規の手順を踏まずにポンと出る強いモンスターたち。
2体生贄、さらに融合、やってられません。(最初のデッキが遊戯デッキだった)
そうは言うものの、融合モンスターまでが制限になるとは…。
準制限でも良かった気がしないでもないです。

《聖なるバリア-ミラーフォース-》 →禁止
なんと言うか、大好きなカード。
ピンチをこのカードでしのいで、次のターンに逆転。
わくわくさせてくれました。(私的な感想終わり)
大量モンスター除去が余り無い中で、罠としての存在は大きかったです。
全てを攻撃表示にするかと迷いが生じ、戦略的にも面白みがありました。


他にも活躍したカードが禁止になったり、はたまた再び登場したり。
今回の制限改訂で新しい楽しさが生まれたのではと思います。

うぅ、ミラーフォース…。
スポンサーサイト
夕方より降り続いた雨により、予定していた花火は中止に…。
楽しみにしていただけに、ちょっと残念。


ダ・イーザデッキ編 その1
いよいよ登場、我が相棒。
余り注目されていないカードだけに、今回は解説を。

《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》効果モンスター 3星 炎 悪魔 攻? 守?
 このカードの攻撃力と守備力は、ゲームから除外されている自分のカードの数×400ポイントになる。

ステータスは?となっているが、通常は0として扱う。
そのため、単体ではまったくの役に立たない雑魚である。
では、何故このモンスターを起用しているのか。ポイントは二つ。

 その1.除外されているカードによるステータスの上昇
通常、使用済みのカードは墓地に送られる。
しかし、最近の環境においては、《異次元の女戦士》、《開闢の使者》など、効果としてカードが除外されることが多い。
さらに、魔法《魂の開放》を使えば一度に5枚も除外が可能となる。

 その2.ステータスの上昇度
除外されたカードの枚数×400の攻守の上昇。
これは、他に見られる同様のモンスターに比べて、上昇幅が大きいのである。(一部1000も上がるものもいるが…)
また、上昇するためのカードの種類は問わない。(通常はモンスターなどの制限あり)

以上より、このモンスターは除外さえ出来ればステータスがどんどん跳ね上がるのである。
攻2000はたやすく、上手く行けば攻8000などの化け物にもなれる。
多少、手間は掛かるもののその他の利点により、私はこの悪魔に魅入られてしまった。

次回のダ・イーザ編では、このデッキの影の主役の登場である。
予定されていた事が、クライアント側の都合により中止に。
急遽お休みとなったので、カードを並べてのんびり過ごした。


社長デッキ編 その1
いわずと知れたブルーアイズ大好き社長。
その彼をリスペクト?して作ってみた。

青眼の白龍ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン
 通常モンスター 8星 光 ドラゴン 攻3000 守2500

現状での遊戯王にて活躍しているのは効果モンスター。
上級モンスターであっても召還のしやすさなどがデッキへの投入のポイントにもなっている。
にもかかわらず、二体生贄の効果なし。
これがデッキに3枚も入っているのだから、恐ろしいものである。

召還するための手段は幾つかある。
白竜の聖騎士の効果、墓からの蘇生、などなど。
どれをとっても手間が掛かること。
アニメで登場したカイバーマンは脅威の速さで究極竜まで召還したけどね。
果たして上手く回るのかは、実戦後の日記にて。

ダ・イーザについては…、またの機会に。

いよいよ始めました 

2005.08.28 22:51

今日こそは、明日こそはと思い続けて一月余り。
ついに、着手する事に相成りました。
主に日常と遊戯王の思う所を私的な見解で綴っていこうと思います。

折角なので、自分のデッキについて簡単に。
ブログのタイトル通り、ダイーザ主体の除外デッキ。
内容についてはそのうちに公開。
…初めは遊戯デッキだったのに。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。