FC2ブログ

紅蓮な遊戯部屋

遊戯王を中心にゲームやアニメ、日常を綴っていくお部屋です。 リンクやコメント、お気軽にどうぞ。 訪れた足跡を残してくれると、こっそり喜びます。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
くねくねハニィの「最近どうよ?」(その3):次世代機発売前夜――小売り店の反応は?
今回のハニィは海外での販売事情について紹介しています。
入荷、価格決定など日本と違うところもちらほら。
普通に日本で暮らしている分には関係はありませんが、同じゲーム好きの事情を知るのも良いでことでしょう。
一番気になったのはハニィのプロフィールであったりもします。

たまに訪れるBOOK OFF。
100円で漫画を買う以外に、遊戯王も扱っているため結構お気に入りの場所です。
掘り出し物があるので期待して通っているのですが、今回も驚きの発見でした。

《闇紅の魔術師》《グリード・クエーサー》

Vジャンプ定期購読特典の2枚です。
勿論購読もしていませんでしたし、《森の番人グリーン・バブーン》をうらやましく見守る一人でした。
今回の2枚は人気のあるものではありませんでしたが、個人的には欲しく思っていたもの。
3桁切りそうな値段だったので、急いで店員さんを呼んで購入してきました。(大人気ない)

特に専用のデッキを組もうと言うわけではありませんが、そっと忍ばせて相手を驚かせてみるのもいいかもですね。
スポンサーサイト
吉野家「牛丼」12月から毎日販売、ただし時間限定(読売新聞)
ここ最近の月初めに再開していた牛丼が、ようやく定常的に販売されるようです。
なれた所為か、牛よりも豚のほうが美味しく感じる今日この頃です。
値段も高いままでしたら、今後も食べる事は少なそうです。

最近進めるのが勿体無く感じている.hack//G.U.Vol.2君想フ声。
Vol.3歩くような速さで、の情報がThe Worldでも紹介されていますね。
ハセヲが!
ハセヲがぁぁぁ!!!
再び油断してしまいました。
帰宅後少し、本当に少し横になっただけなのですよ。
しかし奴はその一瞬を見逃しませんでした。
あっという間に意識を深い闇に引きずり込まれ、
次に目が覚めたのは深夜2時でした。
GAる~んも見る気になれず、
そのまま再び混沌の中に。
あぁ、
今朝の目覚めの良い事。
折角の週末が…。
根深い「ゆとり」のゆがみ…“卒業の危機”8万人超に(夕刊フジ)
突如表に出てきた単位不足の問題。
受験を意識するあまり、必修を怠り本来履修すべき科目を取っていなかったそうです。
これによって補習を受けなくてはならない(卒業出来ない)生徒が大勢いるとのこと。
丸一日授業をしておよそ60日間に及ぶ生徒もいるとか。
ゆとりの結果、詰め込まなくてはならないとか本末転倒ですね。
日本の教育はどこに向かっているのでしょう。

DUELIST PACK -十代編2-
3種のうち最後の一つ。
ノーマル…各種3枚ほど
レア…エッジマンx1 ドルフィンx1 スカラベx1 パンサーx2 ジャギーマンx2 アクア・ネオスx2 フレア・ネオスx2
スーレア…ブラック・ネオス ライトイレイザー エッジ・ハンマー 各種1枚
ウルレア…カードガンナー 1枚

未入手は《異次元からの埋葬》と《キッズ・ガード》。
前者の絵柄が好きなのでどうしても欲しいところです。
あとはキメラデッキにでも入る《カードガンナー》を加えたいところですね。

新カードたち。
カードガンナー》地 ☆3 機械族 ATK/400 DEF/400
自分のデッキのカードを上から3枚まで墓地へ送る事ができる。墓地へ送ったカード1枚につき、このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで500ポイントアップする。この効果は1ターンに1度しか使用できない。自分フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

上昇値としては程よく収まっていて、バランスが取れていますね。
墓地送りの効果を活かせるデッキであるならば十分なものでしょう。
今回のDPには墓地からの影響を受けるものも多いので、HEROに限らず使える幅は多い。
加えて手段を問わない破壊から墓地でのドロー効果。
相手ターンで攻撃力は下がっていますが、上手くドロー出来るよう扱えば問題は無いでしょう。

ライトイレイザー》装備魔法
光属性・戦士族モンスターにのみ装備可能。装備モンスターと戦闘を行ったモンスターを、そのダメージステップ終了時にゲームから除外する。

他のモンスターを《異次元の女戦士》化させるもの。
光で戦士は少なくないので使い勝手も悪くは無い。
《E・HERO ネオス》でひたすら除外して回るのも面白いが、敢えて使うまでもない、そんなカード。

異次元からの埋葬》速攻魔法
ゲームから除外されているモンスターカードを3枚まで選択し、そのカードを墓地に戻す。

《ミラクル・フュージョン》や思いがけず除外されてしまったモンスターを戻すには有効である。
速攻魔法であるところを上手く利用したいところだが、
突撃してきた《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》をいなすことしか思い浮かばない。
絵柄負けしたカード。

エッジ・ハンマー》通常罠
自分フィールド上に存在する「E・HEROエッジマン」1体を生け贄に捧げる。相手フィールド上に存在するモンスター1体を破壊し、そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

記念すべきカイバーマンとの闘いで一度だけ登場した罠。
相手モンスターがいなくてはならないが、生け贄ありの相手だけ《破壊輪》。
アドを考えれば相当損はしているが、相手の除去をかわしながら発動できれば素敵ですね。

キッズ・ガード》通常罠
自分フィールド上に存在する「ヒーロー・キッズ」1体を生け贄に捧げる。相手モンスターの攻撃を無効にし、自分のデッキから「E・HERO」と名のついたモンスター1体を手札に加える。

テキストが微妙なカード。
普通に捉えるならば相手の攻撃宣言時に発動、生け贄に捧げてそのモンスター1体との戦闘を終了する。
広く捉えるならば発動は任意、その後行われる相手モンスターの攻撃を一度無効にし、その戦闘を終了する。
条件とおまけつきの《ヒーロー・バリア》である。
効果は詳しい判定次第でどうなるか分かりませんね。

レア度の高かったネオスペーシアン関連が揃い、ネオスデッキが組みやすくなりました。
何故《E・HERO ブラック・ネオス》だけがスーレアなのか分かりませんけどね。
先のヘルカイザー、エド同様、専用デッキを構築したいと思います。

そして恒例のリスト一覧は続きに。
不足分はシングル買いで揃える事にしましょう。
今日はニュース紹介ではなくDEATH NOTE。
劇場版の前編をテレビで放映中ですが、なかなかよく出来ていますね。
漫画原作で全て見ていたので、劇場には足を運ばなかったのですが、意外な出来の良さに驚きです。
特にリュークとL。
キラは原作のイメージと少し違って違和感を感じます。
ストーリーの運びも駆け足気味ですが、よく流れを追っていて程よい緊張感が気持ち良いですね。
後編が11月に公開されますが、これは見てみたい気がしてきました。
しかし面白いのは、その後のお話なのですよね。
劇場版を観た後には漫画で続きを読んでみてください。

DUELIST PACK -エド編-
昨日と同様、収穫結果から。
ノーマル…各種3枚ほど
レア…ドレッドx2 ダブルx1 ディフェンドx1 ドグマx1 ドゥームx2 フェニックスx2 幽獄x2
スーレア…シャイニング オーバー・デステニー エターナル・ドレッド 各種1枚
ウルレア…デステニー・ドロー 1枚

やはり封入割合が万遍無いですね。
無かったのは《D-HERO ディアボリックガイ》と《D-カウンター》。
どちらも入手は然程困難では無いかなと。
折角ですから、コンプリートはしたいですよね。

同じく新カード。
D-HERO ディアボリックガイ》闇 ☆6 戦士族 ATK/800 DEF/800
自分の墓地に存在するこのカードをゲームから除外する。自分のデッキから「D-HERO ディアボリックガイ」1体を選択し、自分フィールド上に特殊召喚する。

ガジェのような働きを見せる。
《闇・道化師のペーテン》にも似ていますね。
墓地からの発動なので1テンポ遅れますが、壁や《死のデッキ破壊ウイルス》と使い方は様々。
他のD-HEROとも上手く関われそうですし、折角ならば3枚欲しいところ。

デステニードロー》通常魔法
手札から「D-HERO」と名のついたカード1枚を捨てる。自分のデッキからカードを2枚ドローする。

先のディアボリックを捨てればアドは+に。
《D-HERO ダッシュガイ》もいますし、状況に応じて手札を入れ替えられると考えれば十分利用出来る。

オーバー・デステニー》通常魔法
自分の墓地から「D-HERO」と名のついたモンスター1体を選択する。選択したモンスターのレベルの半分以下の「D-HERO」と名のついたモンスター1体を自分のデッキから選択し特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このターンのエンドフェイズ時に破壊される。

破壊される事を考えるならば、生け贄にしたのは道理。
レベル8か6のどちらかになるが、強力な方の4を呼び出すには少し手間が掛かる。
《おろかな埋葬》で墓地に送るか、ディアボリックで頑張るか。
少々使いにくさが残る。

D-カウンター》通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在する「D-HERO」と名のついたモンスターが攻撃対象に選択された時に発動する事ができる。攻撃モンスターを破壊する。

《炸裂装甲》のD-HERO限定版。
無いならば上記を代用すればよいし、Eの力(エアーマン)で破壊される事が目に見えている。
専用デッキにするならば勿論採用はこちらで。

エターナル・ドレッド》通常罠
「幽獄の時計塔」に時計カウンターを3個乗せる。

魔法発動後、相手ターンで発動できれば準備は万端。
とカードの効果を満たすためにはうってつけなのだが、その後の処理があまり嬉しくない。
ダメージを受けなくなる方は良いが、《D-HERO ドレッドガイ》を出すには一手間掛かる。
素直に残しておいた方が良さそうですね。

専用デッキを組むには十分な程揃いますね。
D-HEROは単体で強力なカードが多いですし、是非ともその効果を実感するためにもデッキを組んでみたいと思います。

同じようにリストは続きに載せておきます。
残りは十代編、頑張って開封しますよ。
PS3購入後すぐにコンテンツがダウンロードできちゃいます――「PLAYSTATION Network」日本国内で11月11日からサービス開始
発売が目の前に迫るにつれて、情報が次々と出てくるようになりましたね。
我が家のPS2本体の不調さから、段々と購入意欲が沸いてきている今日この頃。
値段や親会社の問題などで色々騒がれていますが、やはり本体自体の機能は凄いのではないでしょうか。
只今の気持ち的には購入寄りです。

さて、既に前日手に入れている方も多く、情報は多く入っていたDP。
今回は入手が困難なものであるカードが多く再録されている事もあり、遊戯王生活初の箱買いを試みました。
十代、エド、ヘルカイザーをそれぞれ1箱ずつ、加えて今更ながらの3箱目機械ストラクチャーを購入。
そのまま友人とデュエルを行ったため、開封および集計作業はヘルカイザーのみしか出来ていません。

DUELIST PACK -ヘルカイザー編-
まずは収穫結果。
ノーマル…各種3枚ほど
レア…サイドラx2 バリアx1 レーザーx1 ツインx1 エンドx2 キメラx2 ボンドx2
スーレア…無情の抹殺 リターンソウル フュージョン・ガード 各種1枚
ウルレア…ヘル・ドラゴン 1枚

特に偏りも無く満遍なく封入されていました。
一番欲しかったサイドラがこれで3枚になり、デッキ構築への1ギミックとして組み込めそうです。
続いてファンデッキとして目指していたサイバーダークの方ですが、鎧黒竜が手に入らず暫らく断念。
また新カードの《ダメージ・ポラリライザー》も無く、いずれシングル買いの候補へ。
ついでに加えるならば、ストラテジーガイド1-9+チェックリストと全部揃いました。

続いて新カードについて。
ヘル・ドラゴン》闇 ☆4 ドラゴン族 ATK/2000 DEF/0
このカードは攻撃したターンのエンドフェイズ時に破壊され墓地へ送られる。フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた時、モンスター1体を生け贄に捧げる事でこのカードをフィールド上に特殊召喚する事ができる。

レベル4のATK2000モンスターとしては頼りないが、魔デッキ要因としては十分。
効果も「攻撃した」ターンなので墓地送りのタイミングも選べるわけでもある。
《スケープ・ゴート》などと合わせれば生け贄にしても問題ないだろうが、そこまでして帰ってきて欲しいものでもない。
使い方次第だろうが、位置的には《アックス・ドラゴニュート》のようなもの。

無情の抹殺》通常魔法
自分フィールド上のモンスター1体を選択して墓地に送り、相手の手札をランダムに1枚墓地へ送る。

効果と絵柄の関係が見出せないカード。
アド的にも-1であり、《押収》に比べると使いにくい。
徹底したハンデスデッキなどで使えば面白いが、あまりにも不便さが露呈している。

リターンソウル》通常罠
エンドフェイズ時に発動する事ができる。このターンに破壊され墓地に存在するモンスターを3体まで持ち主のデッキに戻す事ができる。

同一ターンに3体も破壊されている状況が《聖なるバリア-ミラーフォース-》などであろうか。
テキストによれば1体の場合でもデッキへ戻すことは出来る。
めぼしいものと言えば、《E・HERO エアーマン》、ガジェ、ホルス辺りだろうか。
主にデッキから特殊召喚が出来るカードを意識すれば使えなくも無い。
逆に言えば、そうでないならば使われることは無い。

ダメージ・ポラリライザー》カウンター罠
ダメージを与える効果が発動した時に発動する事ができる。その発動と効果を無効にし、お互いのプレイヤーはカードを1枚ドローする。

よく使われるものなら《破壊輪》、バーン関連なら様々に挙げられるだろう。
次のカードと似たものだが、相手にも次の手を加える効果がある分、若干使いにくいだろうか。
素直に《地獄の扉越し銃》を使った方が、相手への影響は大きいだろう。

フュージョン・ガード》カウンター罠
ダメージを与える効果が発動した時に発動する事ができる。その発動と効果を無効にし、自分の融合デッキからランダムに融合モンスター1体を墓地へ送る。

上と同じように、後処理が異なるもの。
これもまた効果と絵柄の関係が分からない1枚。
相手の《破壊輪》に合わせるも良し、《パワー・ボンド》の場合はどうなのでしょう。
調べる余地がありますね。
正しい使い方としては、ドラゴン族を墓地に送り《鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン》に付けるか、
《青眼の究極竜》などを送り蘇生後アタックでしょう。

取り敢えずは《鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン》を入手して、裏サイバーデッキを組みたいと思います。
加えて表もレーザーなどを出して遊んでみようかなと考えてはいます。

カード一覧を続きに書いておきます。
また十代、エドは開封次第、後日の日記で同様に扱っていきます。
今週末までまた忙しそうなので…。
「ゲームズジャパンフェスタ2006 in OSAKA」に出展ソフトラインアップ公開
よく話題に上るのが東京のものであり、場所によっては参加するのが困難な事が多々あるでしょう。
それが外国でも行われているのですから、国内でもあってよいでしょうと言うこと。
西日本に住んでいる方でしたら、出向いてみるのも良いかもしれませんね。
何と言っても、参加費無料ですし!

明日発売のDPにワクワクしながら、デッキ製作で気分を落ち着かせる。
その辺りは明日以降で。

遊戯王同様、休みがちになっているアスガルド。
今日のメンテで一斉IDの削除が行われました。
と言っても過去一年ログインされていなかったキャラが対象となっている。
お陰で昨晩、倉庫キャラも含めて片っ端からログインさせていました。

そして本日、消えたID再獲得のために多くのプレイヤーが登録競争に乗り出したことでしょう。
さすがに早く帰宅する事は出来なかったのでその一陣には入れませんでしたが、
幾つか考えていた名前を取る事が出来ました。
それでも肝心の名前は既に登録されていましたし、やはり人気処は抑えられているのですね。
カイト、ハセヲ、アトリ、オーヴァン全て無理でした。

まずは先着であるここに注目が集まっていますが、ハロウィンイベントも同時に実装されていました。
特別な姿をしたモンスターが、特別なアイテムをドロップするというもの。
アイテムも一時期出た限定物を含むようなので、これも期間中は少し頑張ってみようと思います。

遊戯王、.hack、アスガルド。
遊べる時間があるうちに遊び倒しタイガー。
携帯の番号継続制スタート 新料金体系でシェア拡大に競争激化 (共同通信)
いよいよ携帯会社間での番号維持移行が可能になりました。
各社もそれぞれのサービスを前面に出し、顧客獲得へと頑張っているようです。
しかし、実際の状況は変更を望む人は僅か7%にも満たない。
どうもユーザーとの足踏みが揃っていない今回の戦略。
企業側の一人歩きで終わるのは、勿体無い気がしますね。
勿論、私も利用するつもりはありません。

半分寝ながらログインする.hack//G.U.Vol.2君想フ声。
どこかで生活を改善する方法を得ないといけないようです。

3rdフォームになってどのような変更があったのかを試してきました。
見た目はアニメやゲーム冒頭でもお馴染みのトゲトゲ。
ゲーム中でも黒と赤のトゲトゲなどと他のPCに言われるように、なかなかの悪っぷりです。

システム面では一度に武器を3種装備できるようになりました。
それに合わせてスキルも3種から選びトリガーにセットする。
これにより戦闘中での滑らかな武器変更が出来るようになり、一層爽快感が味わえるようになりました。
これで今回から導入されているモンスターの弱点武器についても、有効に攻める事が出来ます。

大剣の使い勝手が良かったのですが、鎌のほうもなかなかです。
慣れるためにと再びストーリー進行を止め、エリアを走り回っています。
バイクレースも面白いですし、まだまだやりこむ要素が満載ですね。
さらなる戦場を切り開けガンダム――「機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs.Z.A.F.T.II」でFルート解禁
再び無印の再放送をするくらい人気?なガンダムSEED。
ゲームセンターでも一際賑わっていますね。
コントローラーでしか上手く操作出来ないので、外ではやったことがありません。
それでも前作の様子から楽しさは伺えます。
家庭用として発売されるのが待ち遠しいですね。

さて、無理して遊んだ所為もありどっと疲れが出てしまいました。
一段落したからと言って、月曜日はまた来るわけで、日常は止まらないのですよね。
何も気にせず、一週間位休みが欲しいです。
まずは生活のペースを戻して、体調管理から始めようと思います。
ジムにでも通って体力付けるかな。

誰かを想う、君の声 

2006.10.22 23:57

米ボストン市、「カボチャちょうちん」で世界新記録(ロイター)
それが量であったり大きさであったり、考える事は同じなのでしょう。
それでも記録として残すために頑張っていることは凄いことです。
しかし、本来どうあるべきかということを忘れて、ただの傲慢さが一人歩きしないように注意して欲しいですね。

疲れを解消するためもあり、一日家でのんびりしながら.hack//G.U.Vol.2君想フ声。

遥光の名台詞をしっかりと携帯で録画し、意気揚々とストーリーを進めました。
まずはアトリと再びPTが組めるようになったこと。
第一回戦もすんなりとことが運んだのだが、よくよくその姿を見てみるとおかしな点が見えました。
執拗に右手を押さえるので何かと思えば、キラキラしたものが零れています。
どうやら碑文を奪われたことによって始まった崩壊の兆しのようです。
さすが細かいところまで手が込んでいますね。

その後どういった流れなのか、再び大火が登場する。
そしてタイミング的に少し無理のある形でジョブエクステンドが始まる。
やたら怪しい口調でメールを送ってきたシラバスとガスパーを連れてイベントをこなす。
道中も始終様子がおかしかったのですが、最終的にその意味がわかりました。
途中でのいざこざから、仲間を思い再び戻ってきたハセヲ君。
段々とタイトルの意味がわかり始めてきましたよ。

Vol.1の時と同じ姿に戻ったのですが、その様子は全然別人ですね。
大火を師匠と呼んだあたりに少し感動しました。
これで鎌を装備できるようになり、スキルトリガーも変更になりました。
まだ実戦では試していませんが、逸る気持ちを抑えて今日はお休みしておきます。

遊戯王はもう眼前にデュエリストパックの発売が迫っていますし、箱買いと共に再起したいと思います。
ロールケーキ何と70種類 北九州市、名物として定着(共同通信)
村おこしにと始めたのが、名物となったそうです。
元来名物とは、その地域の特産であったりするものですが、こうした後付のものもあるのですね。
他の地域よりも甘くて濃厚とありますが、それは全国のお店ごとに異なるのではないでしょうか。
70種類という数字には驚かされますが、その土地ならではと言ったものが欲しいですね。
あるのかもしれませんが、どうも押しが弱い気がしてなりません。
ロールケーキは好きですよ。

ここ暫らくの忙しさからようやく解放されました。
さすがに疲れが溜まっているので、急に遊び始めるというわけにはいきません。
それでも逸る気持ちを抑えて、今晩は休むことにします。
特に遊戯王関連の情報が再び溢れていますし、徐々にそちらを触れていきたいと思います。

勿論、.hack//G.U.もやりますよ!
新たな“運命”がすぐそこに――「テイルズ オブ デスティニー」
いよいよ発売が一ヵ月後に迫った運命という名のRPG。
最近の流行りか、過去の名作のリメイクがよく見られますね。
勿論それは歓迎するもであり、新TOD2も楽しみであります。
単純な移植よりも、こうしてリメイクしてくれるのは、一度ゲームをした人にとっても新しい楽しみがあります。
テイルズ好きとしても是非ともやってみたいと思います。

さすがに神戸への日帰り出張は疲れました。
お陰で持っていったNDSもほとんどやらずじまい。
椅子に座るとどうしても眠くなってしまいました。
乗った直後に携帯をいじった時と、帰りにお弁当を食べた時以外の記憶がありません。
そのためではありませんが、想像していたよりは疲れていません。
合計で5時間寝ていればそうですよね。

さて、後は明日を乗り切れば取り敢えずは落ち着きます。
遊戯王のほうも新パックやそれに次ぐパック。
もう発売が直ぐそこまで来ているデュエリストパックの情報など盛り沢山です。
忙しさのあと落ち着き次第、少しずつ以前の調子を取り戻したいと思います。
写真で見るプレイステーション 3――その2:クロスメディアバーのヒ・ミ・ツ
以前載せたのが外観について。
今回は起動後、つまりソフト面についてです。
PS2でも言語や画面などの設定は可能でした。
今回はこれらに加えてよりパソコンらしくなった仕様のようです。
ネットへの接続も容易なようですし、言うほど悪くは無いかもしれませんね。
それでもやはり値段が高い事がネックですが(Wiiの倍!)、調子の悪くなったPS2の代わりとしては良さそうです。

まず一つの山が明日に迫り、その準備に追われています。
日帰りで神戸まで向かわなくてはならないので、かなり忙しい一日となりそうです。
遠出の時はちゃんと用意したはずなのに、何か足りないような気がしてくるのですよね。
必要なものを並べて必要なものに気付く。

そうだ、NDSを持って行こう。

移動に要する時間をFF3で有効に使いたいと思います。

魂の解放まで後、2日。
てくてく歩いててくてく育てる――「てくてくエンジェルPocket with DSてくてく日記」
所謂、万歩計にゲーム機能がついたもの。
私もサクラ大戦の万歩計を買い、つけていたことがあります。
途中腰についているのが邪魔になり、外すようになってしまいました。
今回はそこからさらにNDSとも連動するとのこと。
加えて鞄などに入れていてもOKとのことなので、使いやすくはなったでしょうか。
一日一万歩、歩いていますか?

販売が迫ってきた3種のデュエリストパック。
本編を見ることが出来なかったので不明ですが、どうやらCMでながれたようですね。
サイドラも映っていたとか。
販売時期も個人的な忙しさから丁度解放される頃なので、ブログも合わせて充実できたらと思います。
カイザー、エド、ネオスデッキと様々に組めそうですし、一気に調子を取り戻したいですね。
それまではもう暫らく、お休みモードで更新を続けていきます。

魂の解放まで後、3日。
廃棄物の中から現金1000万円…埼玉・所沢の処理場(読売新聞)
ゴミの中から現金が発見される事が、それ程驚く事ではなくなってきている昨今。
それでも金額が1000万。
さらに昨年にも同様に発見されていて、その時は3100万だそうです。
所沢の処理場では一体何が起こっているのでしょうね。

この一週間は短くも長いものになりそうです。
それでもゲームはします。

まったくストーリーは進めずに新しい設定を満喫している.hack//G.U.Vol.2君想フ声。
お馴染みのチムチムやラッキーアニマル蹴り。
それを仲間が手伝ってくれるようになりました。
ハセヲが立ち止まっていれば、自動的に追いかけて蹴ってきてくれます。
特に後半はメカグランディなどで大量に消費するため、作業が大変であったものが解消されました。
必死に追い掛け回している姿を見ているのも微笑ましいですし、
無駄にオブジェを蹴ってはその様子を眺めています。

以前速度が早くなったと伝えたバイクが、好みのチューンが可能となっていました。
と言っても、大概高いパーツがどの性能も優れているため、最終形態は同じになりそうです。
それでも、外見が変わり、走りの様子も大分変わるためいじり甲斐があるというものです。
同時にバイクによる効果も発生するようなので、フィールド上で乗り回す意義も出てきました。
クエストも幾つかあるようですし、走りの腕も磨いて行きたいと思います。

そろそろアリーナへと話しを進めてみようか悩んでいるところです。
あの遥光の台詞が聞けるのかと思うとドキドキですよ。
あなたの日本人度が試される!?――「ご当地検定DS」で日本を探求
日本全国についてどれだけ知っているか。
有名なものからちょっとした豆知識のようなものまで、およそ5000問のクイズが待っているようです。
新たに知らない土地のことを知るも良し。
身近な場所の意外なことを知るも良し。
どうしてこう、NDSのゲームは少しやってみたい感を呼び起こすのが得意なのでしょうか。

ようやく暗い道の先が見えてきました。
今週を乗り切れば、暫らくは安息の日々が訪れそうです。
頑張りまっしょい!

示された道からようやく開放された.hack//G.U.Vol.2君想フ声
フリーにエリアを生成して冒険へと行けるかと思いきや、思いも寄らぬ人からのメールが。

遥光!

話しの関係上、若干テンションが低めですが、一緒に冒険出来る様になりました。
もう、連れ回しまくりですよ!
他に比べて新密度の低いガスパーを誘い三人で冒険へ。
天狼についての悩みでどうも本来の調子ではない遥光。
期待していたものと違うな、そんな気持ちが芽生え始めてイベントエリアをクリア。
そして健気にもハセヲにお願いする遥光。
うぁ、ツボですよ。

遥光に協力して天狼を追いかけることにしたハセヲ。
その申し出に喜び一気にテンションMAXな遥光。
そう、これですよ待っていたのは。
再びストーリーを進ませること無く、無駄にエリアを駆け回っています。
すでにレベルが60に到達しそうな彼らでした。

Crimson VSも既に500戦ほどこなしました。
新しいカードが手に入りにくくなりやきもきする毎日です。
1メートルのもみじまんじゅう 重さは25キロ(共同通信)
広島名物「もみじまんじゅう」の誕生100年を祝っての試みだそうです。
結局はこの巨大な饅頭を小さくして振舞ったそうですが、大きければいいという発想が何とも日本らしいといいますか。
しっかりとギネスにも申請しているようです。
次に登場する巨大名物は何でしょうね。

ふらふらと出かけて、帰宅時にカードショップに寄ってみました。
特にお目当ては無いので、めぼしそうなものを物色する。
そして買ってきたカードが1枚。

《魔導ギガサイバー》闇 ☆6 戦士族 ATK/2200 DEF/1200
自分のフィールド上モンスターが相手のフィールドより2体以上少ない場合、このカードを手札から特殊召喚できる。

ご存知、《サイバー・ドラゴン》の親戚のようなモンスター。
サイドラを1枚しか所持していない自分は、こちらの方を好んで使っています。
ところが今回手に入れてきたのは初期のパラレル。
そのテキストを読んでみると…。

自分のフィールド上モンスターが相手より2体以上少ない場合、このカードは生け贄なしで召喚できる

勿論、先に載せた方が現在適用されているものです。
所謂エラッタというものなのですが、昔は通常召喚扱いだったのでしょうかね。
そして何より、名前に含まれる「サイバー」の文字。
サイドラの原型がまさに、ここにあったのかもしれません。

カード同士が繋がりを持っているものは少なくありませんが、
こうしたものに初めて気付いた時は嬉しいものがありますよね。
名前に然り、絵柄に然り。
英語教育は乳幼児期から開始を 過半数がアンケートに回答(共同通信)
確かに語学の勉強は早い方が、習熟度も早いといいます。
とは言え、これほど早いと今度は日本語に影響が出てしまいそうな気がします。
しっかりと日本語を覚える前に、中途半端に英語を始めてはどちらも身につかないでしょう。
勉強すれば身につくのですから、まずは日本語からで良いような気がしますね。

ネット内に意識が閉じ込められていたのは、リアルではほんの数分の出来事であった。
それを取り巻くニュースが溢れる、.hack//G.U.Vol.2君想フ声。

AIDAを撃破しようやくリアルに戻れるようになり、初めてのログアウトとなりました。
すると大量の新着ニュース。
一連の事件とドール症候群についてがメインですが、いよいよリアルに侵食してきた感じが溢れています。
そんな傍ら宇宙ステーションなど、妙にリアルな話題もあり余計に現実味を帯びているのですよね。
サルバド~ル!

その後のThe Worldでは事件の調査が始まる。
様々な問題を残しながらも、それぞれが進むしかない。
序盤から結構シリアス展開で進んでいる本編ですが、私はそれどころではありません。
Crimson VSに夢中であります!
先駆けて販売されたカードを元に行われるカードバトル。
元手は一切必要なく、プレイを繰り返せば新しいカードが手に入る仕組みです。
いまいち掴めていなかったので、模擬戦を繰り返してようやく把握。
簡単に言えば数字の多いカードが勝ちなのだが、その数字の合計は決まっている。
決められた範囲ないでカードを選び、互いのカードの数字の上下で勝利が決まると考えてよい。
その他の要素も多分にあるが、なかなか単純かつ複雑な出来でした。
ゲーム内時間一分で自動的に一回戦闘が行われる仕組みで、物語を進めていればカードも自然と手に入る。
遊戯王をやっているだけに、もう少し複雑なバトルでも良かったが、本編の邪魔にならない点ではなかなか優れている。

そんな訳で遊戯王や本編よりもかなり夢中になっております。
これでカードゲームの楽しさを思い出されば、遊戯王にも戻れるかな。
「渋谷アニメ祭り」本日から開催
新作アニメが始まり2,3週間が経ちました。
お気に入りのものは見つかったでしょうか。
それに合わせて渋谷でイベントが催されています。
声優のサイン会もあるようですし、ご近所の方は足を運んでみては如何でしょうか。
正直私も行きたいです(時間があれば…)。

久しぶりに友人を誘ってカードショップに寄って来ました。
これでモチベーションが戻ればいいのですが、そこまで力を持ったカードはありませんでした。
素直にデュエリストパックの発売を待つしかありませんね。

今回の戦利品
《前線基地》
以前VtoZデッキを組んだことがありましたが、サポートカードが無く機能しませんでした。
ここ最近、ノーマルカードを漁り続けて次第に集まったカードをまとめれば、新型が組めるかもしれません。
ユニオンが呼んでいるような気がしないような気がする。

《大寒波》
自分にも影響が及ぶとは言え、嫌らしさ抜群の魔法カード。
良いデッキ案が浮かんできそうで浮かんでこないのは、不調の所為も多分にあるでしょう。
なんとかしてデッキ組んでみたいと思います。

《検閲》
手札を見る→指定ハンデス。
《マインドクラッシュ》や《異次元の指名者》などでハンデスデッキをと考えていました。
《マインド・オン・エア》というモンスターをご存知ですか?

《王国への船出》《王国》《王の右手の栄光》
GB遊戯王DMⅡ闇界決闘記、全国大会決闘者伝説 in 東京ドーム。
その全国大会への招待状に同梱されていたカード。
カード自体の分類も無く、名前と絵柄しか書かれていない完全プロモカード。
時折お店で売っているのは見かけたのですが、こうして買うのは初めてでした。
状態もよく1枚10円だったので、記念にと3種購入。
どうするのかと聞かれると困るが、カウンターにでもして使うことにします。

20枚ほど買ってきましたが、どれもぱっとしません。
一度初心に戻って、《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》を使ったデッキでも組んでみようかなと思います。
写真で見るプレイステーション 3――その1:本体ってこうなってました
発売が一ヵ月後に迫ったPS3。
その作りがどうなっているのかを写真と共に説明しています。
ゲームショウでもケースの中を覗くだけであったので、気になっていた点などが明らかになりました。
これを見ていると、最近ディスクを読み込みにくくなってきたうちのPS2と交換したくなってきましたよ。
買ってしまうかな、どうしようかな。

Vol.1の内容をようやくコンプし、やっと始めたVol.2君想フ声。
三爪痕を倒し、AIDAの攻撃を受け倒れるアトリ。
その続きがようやく始まりました。
それにしてもいきなりの展開っぷりに驚愕ですね。
何人かのプレイヤーがゲーム内に閉じ込められる。
意識を残してログアウト出来なくなる現象に見舞われる。
ここまで来るとさすがに現実味を失い始めるような気がしますが、これが.hack//の持ち味といえばそうでしょうか。
やはり楽しいのですよ。

まだ1時間ほどしか遊んでいませんが、Vol.2になっての変更点がちらほら見えてきました。
まずバイクの速度の上昇。
あのまったりした走りが結構好きだったのですが、今回のはより爽快になった感じです。
もう一つは戦闘時の装備の切り替え。
前回は切り替え中は無敵時間があったのですが、それがなくなり一瞬で交換出来るようになっていました。
あの交換モーションを利用して、攻撃をかわしたりもしたのですけどね。

その他の変更点も幾つかあるようですが、まだ体感出来ていないので順次楽しんでいきたいです。
すんなり続編に移行するため、別のゲームをやっている感じはまったくしませんね。
所々で時折違和感を感じる程度で、少しずつやりやすくなってはいるのでしょう。
あぁ、忙しいというのに「The World」が呼んでいる…。
くねくねハニィの「最近どうよ?」(その2):北米での次世代機競争の行方
第一回が何時あったか思い出せないが、シリーズものの第二回。
話題となっているのは各種次世代機。
主にPS3の値段などに触れている。
これは専門家に限らず友人達も同様に、その値段とスペックが見合っていないと口を揃える。
例えそのグラフィックが美麗であったとしても、PS2で満足出来ているのが現状。
果たして年末に訪れる各種ゲーム機の行方はどうなるのやら。
(私は特にどれかを買う予定は一切ありません)

今日は飲み会があったため、指定された時間に宴会場に向かった。
平日のど真ん中という事もあり、人数は集まるものの遅れてくる人が数人いた。
そこで1次会として普通の場を用意し、後に来る人のために2次会も予定されていた。
後者では軽い食事とお酒を囲んだのだが、さすがに一度食事を済ませた後ではお腹に来る。
それでも後から来た人達のために、楽しく頂く。
その人達にとってはそれが1次会であるのだからね。

ここまでは良かったのだが、次々と連絡が来てまだ人が増えるとのこと。
そしてまさかの3次会へ突入。
さすがに帰宅がつらくなるので先に引き上げたが、残る人のほうが多い始末。
普段の生活では直ぐ疲れるのに、こういった場ではタフになるのですよね。
人の底力を目の当たりにしました。
自分の元気はどこに置き忘れてきたのだろうか…。

一日が、一時間 

2006.10.10 23:46

これまで明かされなかった謎に挑む――「シークレット オブ エヴァンゲリオン」
ついには新しい劇場版も発表されたエヴァ。
まだまだ勢いは衰えていないといったところでしょうか。
正直謎だらけであった作品名だけに、それが明かされるならば是非やってみたいところ。
とは言え、謎のまま終わっていた方が良いことも世の中には多々あります。
果たしてこの作品がどちらに転がることやら。

一日の記憶が1時間程しかない、そんな後日記。

朝から会議に参加し、夕方まで同じ部屋で同じ椅子に座り話を聞いていた気がします。
その後、友人の誘いでヨドバシに寄り、各種ゲームを眺めていたようないないような。
特に何かを買うわけでもなく、帰宅し夕飯を食べる。
その時間が10時であった事は覚えているのだが、気が付けばもう翌日。

アニメにゲーム、遊戯王さえも一切触れなかった一日。
幾ら思い返してみても、一日の感覚が1時間でした。
疲れているのかな…。
北朝鮮が地下核実験に成功、朝鮮中央通信が報道(読売新聞)
ここで改めて書くことでもないでしょうが、その事実は無視することが出来ないものでしょう。
例え地下での実験だとしても、その影響がやってくるかもしれないと、各地の観測所が慌しくなっているようです。
代わって早々、安部首相も大変でしょうが、慎重にかつ迅速に対処してもらいたいです。

いつぞやの十代ではありませんが、いくらカードを眺めても世界が広がりません。
やはり他の事で頭が一杯なのが原因でしょうね。
ネオスペーシアンはいつやってくるのでしょうか。

取り合えずは無理しないことを決めてからは大分楽になりました。
古畑を見ながら買い溜めた本やゲームの説明書を開く。
詰まる時間を少しずつ広げていき、心のゆとりを取り戻そうと思います。
小中高生の体力低下続く、朝食抜きの影響明らか(読売新聞)
小学生の時を思い起こせば、9時というものは深夜であった覚えがあります。
中学では部活に入っていましたが、やはり10時は深夜であった気がします。
必然とテレビを見る時間も少なかったし、朝も早起きなので朝食は欠かさなかった。
今となっては体力云々を図る事は出来ないが、部活をやっていた限りではまったく問題ありませんでした。
大人になれば嫌でも長い時間起きていますし、子供の時くらいは早寝早起きが三文の得でしょう。

遊戯王に対する意欲が著しく低下しているのは、興味が薄れたことによるものではなく、
身の回りに起こっていることの目まぐるしさだと、うすうす感じてきた。
分かっていなかった訳ではなく、同様の事がアスガルドや他のゲームにも当てはまっている。
この状況を打破するために出来る事は、特別にあるわけではない。
ただ待つだけしか出来ないもどかしさの中、ひたすらに時が流れるのを見守るだけ。
そのつらさに耐えなくてはならない身である内は、次なるデッキの構築もままならない。

詰まる思いの捌け口として、一日の僅かな空き時間をアニメやゲームに費やす。
それで心が休まるのなら安いものである。
暫らくはまともなカード考察、デッキ構築は無理かも知れませんが、ブログの更新だけは続けていきたいと思います。
少しの間(だと良いのですが)、しがない駄文にお付き合い下さい。

などと硬く書いてみましたが、一日の生活で精一杯なので手抜きになりますよというお話しでした。
マンガ版“サクラ”第6巻とオフィシャルガイドブックが発売に
何度かここでも紹介したことがあるサクラ大戦。
様々なメディアで展開している作品であるが、勿論漫画としても連載されている。
繰り返しになるが、最後まで遊んだ事がない私ですが、世界観は凄く好きな作品です。
恐らくこの辺りの時代背景が好きなのかも知れません。
幕末、明治、大正。
ほら、ワクワクしてきませんか?

さすがに12時間も寝れば元気になるわけで、今日は一日すこぶる体調が良かったです。
そんな訳で、久しぶりにカードショップに足を運んでみました。
久しぶりのお店は少しその姿を変えてはいたものの、相変わらずの賑わい様。
そしてカードの並ぶ棚に近づくと、何と今まで20円だったノーマルカードが何と10円に!
これはと思いひたすら探すのでした。

結果
《テラ・フォーミング》通常魔法
自分のデッキからフィールド魔法カードを1枚手札に加える。

大のフィールド魔法好きで無駄に各種揃えたのだが、肝心のこのカードが今まで手に入りませんでした。
これで関連のデッキを組む意欲が沸くというものです。

死のメッセージ各種
《封印されしエクゾディア》のように特殊条件により勝利をもたらす効果のカード。
モチベーションが下がりつつある現在、確たる目標のあるデッキを組む事で立ち直れないだろうかと。

今まで手を出さなかった分野に取り掛かれるようになってきました。
通常のデッキを構築する意欲が沸いてこないので、この辺りの辺境から攻めてみようと思います。

このままではAIDAに感染されて、Vol.2をやってしまう…。

それは体を、蝕んで 

2006.10.06 23:54

何が起こったのかわからない。
しかしそれは現実に起きて、それは過去になった。
原因は分かっている。
度重なる無理が祟って、それが自分という器に入りきらなくなっただけである。
それが即ち、昨晩21時に寝て今朝9時に起きた出来事の全てである。

そんな後日記。
あぁ、華の金曜日が…。
「ワルキューレの冒険」は単なる不条理ゲームにあらず
昔のゲームというものはまさにこの記事にあるとおりのものでした。
本当にこれはクリアー出来るのだろうかと、子供心ながら本気で疑ったものです。
今のゲームのようにシステム的に複雑なのではなく、情報そのものが無いのですよね。
それを試行錯誤しながら解き進めていく、昔のゲーマーは冒険者でした。

最近ブログの内容がかなり普通なものとなってきています。
この辺りでここの本質を再確認する必要があるかもしれません。

2006年9月分、サーチワードランキング
1 遊戯王ハウス オーヴァン 42 3.82%
2 web 24 2.18%
3 紅蓮な遊戯部屋 20 1.82%
4 キメラデッキ 15 1.36%
5 東京ゲームショウ コンパニオン 2006 12 1.09%
6 ロイドデッキ 11 1%
7 東京ゲームショウ2006 コンパニオン 10 0.91%
8 遊戯王ロイドデッキ 10 0.91%
9 遊戯王 積み上げる幸福 8 0.72%
10 古代の機械巨竜 7 0.63%
  遊戯王 チェーン 7 0.63%
  遊戯王 ゴーズ 7 0.63%

1 それぞれ単体で考えるならば分かるのですが、オーーヴァーン!!!?。
2 実際に検索してみたのですが、どうやってここに辿り着いたのでしょうね。
3 ここまで検索してもらえるとは有り難い限りです。最近の堕落を更生しなくては。
4 エアーやガジェが増えましたが、実態はどうなったのでしょうね。
5 体感的なものですが、お姉さんも配布も試遊も少ないような気がしました。
6 専用カードで組めば、結構面白いデュエルが出来ますね。
7 それでもカメラマンの数は例年通りだったでしょう。
8 翔君はどんどん上の教室に進んでいるようですし、今後の主役はロイドでしょうか
9 《貪欲な壺》が《強欲な壺》にとって代われるカードではなく、むしろこちらが本命か
10 新商品関連。きっと今頃巨竜と第三巻は古本屋などで溢れている事でしょう。

以下、気になったワードたち
78 仁義なき兄弟デュエル亮VS翔 2 0.18%
最近のデュエルでは1番の格好良さを秘めていると断言します。
82 青眼の光龍 効く 魔法カード 2 0.18%
はいはい、《地砕き》《地割れ》。
470 FF11 ゲームショウ コンパニオン 1 0.09%
ゲームショウ関連は多かったですが、ここまでピンポイントなものは珍しいです。

季節柄というものもあり、東京ゲームショウ関連が後半を占めています。
この記事を見て来年行こうという気が少しでも沸いたならば、是非参加してみてください。
しかし、あのイベントを境に暫らく桜井さんを見れなくなるとは…。

一日のうち遊べる時間というものが大分減ってきました。
番組改編に伴う新アニメのチェックもありますが、遊戯王も頑張っていこうと思います。
その為には何か目標が欲しいところですね。
公式大会にでも出てみようかな、と思う秋の夜でした。

再誕から、君想フ声 

2006.10.04 23:08

声優と同棲生活始めてみませんか?――「REC ☆ドキドキ声優パラダイス☆」
友人との間で異常な盛り上がりを見せたREC。
某ハードディスクレコーダーではないREC。
何故かそのCMを見てアニメを思い出すREC。
確か恐竜ものの本だか映画もありましたっけ?

Vol.2が発売されてから数日経ちますが、いまだにやっていない君想フ声。
しかも再誕をやっている始末。
というのも、まだ行っていないクエストや八百由旬ノ書がコンプリートされていないからです。
そんな訳でまずはクエストを。
アビス・クエスト供物の印を手始めに行いました。
これはBBSの記事を辿っていくと順に話しが進んでいくもの。
死者の王?だかを蘇らせようとするモンスターとのやり取りが続き、最後には王が復活するというものです。

クエスト最後に出てくるボスはレベルも高いのでやらずにいました。
今となってはレベルもアイテムも充実しているので安心して挑戦できる。
そう思っていざ挑んでみたら少し大変でした。
まずその大きさ。
ボス討伐クエストと同じくらい巨大で、戦っている実感が沸きましたね。
さらに攻撃を受けると端まで飛ばされるのも、その巨大さを後押ししていました。
それでもあっさり倒してしまう辺りは、レベルMAXのおかげでしょう。

続いてドッペルゲンガーを倒してみようクエスト。
厳密にはクエストではなく、フィールドで暫らく放置していると、ハセヲの姿のモンスターが現れるというもの。
自分のキャラよりも強い設定で登場し、装備やスキルがまさに同じ。
どんなものだろうと、登場した後暫らく見ていたらそのまま消えてしまいました。
しかもその後待っていても現れない始末。
もう一度エリアに入りなおして、登場を待ちました。
そしていざバトル!
って、これは恐らくVol.1では最強のモンスターですね。
一撃で600喰らったり、ノックバックをしないときたものです。
暫らく普通に頑張っていたのですが、自然回復もするようでなかなか倒せない。
ガスパーに回復を頑張ってもらいながら耐えていた後、一度覚醒を使いました。
するとあっという間に倒せてしまいました。
もう少しバランスを考えてもらっていた方が、強敵と戦っている感じがして良いような気もしましたね。
このイベントで得たアイテムがVol.2での特典に繋がるそうなので、ようやく次へと進めそうです。

暫らく遊戯王もゲームもまともに遊べていなかったので、少しずつその楽しみを満喫していきたいです。
PS3用周辺機器発売――「ワイヤレスコントローラ」、「メモリーカードアダプター」、「BDリモートコントローラ」
値段の関係から少し敬遠されがちなPS3。
それでも元気に新商品の販売に力を注いでいるようです。
決して悪く言っているのではなく、幾ら良い物を作ってもそれが独りよがりではダメですよということ。
コントローラー一つに5000円はさすがに無いと思うわけでして。

帰宅したのが24時でそれからお弁当を食べたので胃が重い今夜この頃。
さすがに遊ぶ時間も無いので新聞を開いて見ればなんと…。
今夜はアニメ版DEATH NOTEの第一話でした。
ジャンプで最初から終わりまで見ていたため、映画を見に行きませんでした。
映画もついに後編のCMが流れていますし、折角なのでアニメを見てみようと思います。
あのシリアスさを表現出来ていれば、映画も見てみようかな。
「東武の日」と「鉄道むすめ」がコラボ
ここまで紹介し続けてきたら止まれないといいますか。
飛行機も電車も最近の路線があらぬ方向へ向かっているように思えてなりませんね。
もっと頑張らなくてはいけない部分があるのでは?
そう思いながら、しっかりとマスコットキャラを確認するのでした。

なにやらコナンスペシャルのようで、劇場版と実写版の2本立ての豪華版。
劇場版「天国へのカウントダウン」は一度見たことがあったので途中からでも満足でした。
もう一つの実写版をリアルタイムで見ているのですが、もうこれでもかと言う位の違和感が。
金田一があれほどの地位を確立する為に要した時間を考えれば当然でもあるのですけどね。
途中から、これは一つの少年探偵ものとしてみるように勤めています。
おっちゃんとカチューシャ園子は良かった気がしますよ。

久しぶりに寄ったカードショップで購入。
《邪悪なるバリア -ダーク・フォース-》

《邪悪なるバリア -ダーク・フォース-》通常罠
相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。相手フィールド上の守備表示モンスターを全てゲームから除外する。

日が当たるのは勿論《聖なるバリア-ミラーフォース-》であり、こちらにいたっては無制限。
攻撃モンスターを破壊する事も出来ず、攻撃時には大抵モンスターが攻撃表示であるという始末。
レア度は高いのに観賞用に成り下がってしまっている。

というのは勿体無いので、何とか使えないかと画策中。
さすがに単体では対処のしようが無いので、最低でも1枚補助が必要である。
まずは《つまずき》系統で場を強制的に守備表示にする。
または攻撃宣言に合わせて、《月の書》《エネミー・コントローラー》などでそのモンスター自体も守備表示にする。
《重力解除》で一度に大量に守備表示にするのも面白い。
以前製作したつまずきデッキに組み込んでみるもよし。
バニラデッキに組み込んで《ジャスティブレイク》と合わせて大味にいくもよし。

ひとつ問題なのは、最低でも相手の場に守備表示モンスターがいなくてはならないこと。
これを考えて《おジャマトリオ》を用いてみるのもよいだろう。

そろそろ実写版コナンもクライマックス。
蘭の空手も見れましたし、もう期待することはないとわかっていても見てしまう。
どうせなら子供Ver.がよかったですが、それはそれで難しそうですね。
目暮警部は微妙です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。